がん保険は診断一時金と入院給付金、手術給付金からなり、全てにおいて役立つものです。

がん保険を選ぶうえで特に重要なのは、自分にあった内容の保険を選ぶことです。

よいがん保険を選ぶコツは、自分にあった内容の保険かどうかを見極めることです。世の中の大抵の保険と同じく、がん保険も保障内容が充実すればするほど、かかる費用が増えていきます。つまり、保険の中でもどのようなところを重視したいか、逆にどのようなところは必要ないかを見極めていく必要があります。ここを見極めずに適当にやってしまうと、お金がかかるわりにあまり満足できないという保険になってしまいます。そうならないためにも、この絞り込みをしっかりやっておきましょう。

また、がん保険は、特約をつければつけるほど保障内容が充実していきますが、ゴテゴテと特約をつけるよりも、基本内容のみの保険の方がコストパフォーマンスがいいという場合があります。よって、コストパフォーマンスを重視するならば、特約はつけないほうが得策です。

保険を解約しない限りずっと保険に入り続ける終身保険がいいか、それとも一定期間の間だけ保険に入る定期保険のほうがいいかは人それぞれですが、定期保険の場合、年をとればとるほど更新時にお金がかかってしまうことを考えると、できれば終身保険に入っておくべきです。

このように、がん保険に入るなら、自分にあった保障内容の保険に特約をつけず、終身保険で入ることがおすすめです。